ミニマリストを目指して感じた事

ミニマリストは、生き方を見つめて自分の大切な事に気付く事が出来るという画期的な生き方改革だと思い、僕はミニマリストを目指して日々精進しています。

そこで僕がミニマリストになろうと思って、自分の意識が変わった事を、報告していきたいと思います。

無駄な物を買わなくなった

暇な時間にネットを見ながら、ポチるのが、僕の習慣だったのですが、ミニマリストを目指す様になってからは、ポチる回数が激減しました。

お金を使わない様に意識して節約しているわけではないのですが、無駄な買い物はしなくなりました。

何故僕はポチるという習慣を抜け出せたのかというと、物を持たなくても楽しく無理なく生活している人が、この世の中に、しかも日本でもいるという事を知ったからでした。

当たり前ですが、物を買うにはお金が必要です。そのお金を生み出すには働かなくては行けません。働く事がお金を稼ぐためだけだと、苦しくなってしまいます。(僕の場合)

自分が必要な物だけで、なるだけ少ない物だけで暮らす習慣が身につくと、実際はそんなに無理して稼ぐ必要もなくなるのです。

そう思った僕は、今までもっともっとお金を稼がなくてはという呪縛に縛られていたのですが心がフッと楽になりました。

それから僕は自分が最低限必要な月の収入を見直してみた所、12万あればなんとかやり繰りできるという事に気がつきました。

12万だったらそんなに稼ぐために働く必要もないと思うと、なんだか自分は満たされている感覚を覚えました。

とにかく無駄な買い物をしないだけで、生活をしていけるという自信が湧いてきたのです。

これが僕の中で一番大きかった事でした。

買い物に付き合っても客観的に見れるようになったこと

友達の買い物に付き合っていると、自分も何か欲しくなってつい買ってしまって、家に帰るとそんなに欲しい物でもなかったかなと、後悔する事が以前はありました。その場のノリで買って、その時楽しければ良いというように考えていたからです。

そんな僕がミニマリストを目指しはじめて、友達が服を買いたいという事で、お店に入って服をみていました。オシャレな服がたくさんあって自分好みの服もあったのですが、もともと服が欲しい訳ではないので買おうという気になりませんでした。

以前の僕なら、来たついでに自分好みの物があれば、買っていました。しかし今回はただの付き添いで来ているだけなので、僕には必要のない物だと思いました。

友達は服を買いに来て、もちろんお気に入りの服を買っていました。でもやはり物欲というものは際限がなく、一つの物を買えばあれもこれも欲しくなってしまうものなのだなと、友達をみていて思いました。

友達はTシャツを買いに来たのですが、Tシャツを買えばそれに合うパンツも欲しくなってそうなると、それに合う靴までも欲しくなって、流石に靴までは買わなかったのですが、予定よりも出費をしていた事に、店を出て後悔していました。

この気持ちは僕もよくわかります。

ジーンズを買いに行けば、ついでにそれに合うものがあれば買ってしまう事はよくありましたから。

ミニマリストを目指していると、自分に取ってこの商品は必要なのかどうかを基準に考える事ができます。だから無駄に買い物をしなくなり、必要と思う物だけ買うのですから、後悔もありません。

必要な物だけ買うようになって気づいた事

物を買わなくなって、無駄にネットサーフィンをしなくなった事で、時間もお金も無駄に使わないようになりました。

そして何よりも、自分に絶対に必要な買い物というものはなくて、物欲がなくても生活するのに何も困らないという事に改めた気が付きました。

ミニマリストを目指す前は、自分から物欲に近づいていたのです。

一旦、物欲と距離を置くと、物欲も離れてくれました。

これを継続できると、本物のミニマリストになれるのでしょうね。

僕はまだまだ駆け出しのミニマリストです。

これから、どうなるか、どういう考え方になるかは、自分で試していった結果わかると思うので、これからもまた自分自身を実験台として、新たに気づいた事を書いていけるように、実験と報告をして行きたいと思います。

それではまた。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。