伝えることは難しい

自分の考えを人に伝えることはなかなか難しい物があります。

それは親であっても友人であっても同じで、特に親や友人の場合は分かってくれると

思っている分、伝わらなかったりします。

この場合何が難しいかというと、一度自分の考えを伝えたときに、分かってもらえている手応えを感じていても

後日、自分とは違う提案をしてくる事があるからです。

特に親などは提案すらせずに、密かに事を運んだりしているから困ったもので、自分に対して良かれと思ってしている事がほとんどです。

その時こちらとしてはどういう対応をすればいいかというと、もう一度冷静に伝える努力をする事です。

本当に自分の考えを伝えたければ、壁を乗り越えるという事をしなければなりません。

これはある意味、最初の試練かもしれません。

例えば、自分がやりたいことがあって、それを分かってもらいたく伝えたときに、反対されたり、違うふうに捉えられたりした時、そのくらいで諦めるようではやらないほうがマシだからです。

しっかり伝える訓練、自分の考えを否定された時の対応、そうやって乗り越えて行くたびに覚悟が出来てくるものです。

反対された時、自分の信念が見えてきて、どうしても自分の道を貫きたいときは、覚悟を持って進むべきだと思います。

本当にあなたの事を考えている人は、何度もあなたが伝える努力をすれば、耳を傾けてくれますから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こうの次郎

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。