大切な人がいるという事は幸せで、力になる。もう会えなくなったとしても。

大切な人がいるという事は、幸せなことですね。

しかし居ることが当たり前に感じて、有難いことを感じにくくなってしまったりするのですが。

当たり前のことですが、永遠にその人がいるという事はありません。

別れは絶対に来るのです。

それは、必ず死というものが訪れるからです。

全ての命あるものには訪れる。

その別れの時もっとできる事があったんじゃないかと、自分に問いかけることは少しはあると思います。

例えば、疎遠になっていて会うことがなくなり、二度と会うことが出来なくなったり。

そういう自問をすると、会える時に会っていたらよかったと思うかもしれません。

このもっとできる事があったかも知れないと思う気持ちは、涙が出るほど悲しかったりします。

しかし、そう思えるという事は本当は幸せなことだと僕は思います。

それほど大切な人がいて、その人との繋がりを感じているからです。

その人との思い出が蘇ります。

その人が居ないという事実に涙があふれることもあるでしょう。

僕もそうです。もう会えなくなる、もう会えないとなってから大切なことは何かという事を

かんがえるのです。

本当にもっと早く考えていればよかったと思う気持ちはあります。

でも僕はその人が生きていたという事実と、自分の中にその人がいなくなることは

ないのです。

そして僕はその人に強いつながりを感じます。

その人が言っていた言葉、その人の日常、そして人生を生きてきたという事。

その人のことを考えると自分の胸に熱く響くものがあります。

その熱い思いは、僕の生きる力になります。

悲しみが力になります。

だから会えなくて、悲しい気持ちになっても、もう一度思い出してください。

言葉を。

姿を。

そして生きていたという事。

大切な人は必ず力になります。

自分の心のなかに、大切な人が生きていたという事実があるから。

大切な人がいるという事は、

幸せなことだという事を、どうか忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こうの次郎

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。