ps4買って1ヶ月で売った理由~そしてわかったこと

「なんかヒマだな〜

仕事が休みの日に、はまれるものないかな。」

なんてことを考えてたら、前から気になっていたps4が僕の頭を支配しだしました。

 

さっそくスマホで検索

「ps4 神ゲー RPG」でそこに出たオススメは

「ウィッチャー3」。オープンワールド

そして自由度、やり込み要素ともに高い。

RPGが好きな僕は、この言葉に魅了されて即決断

僕は急いでps4を買いにいきました。

ゲームにどっぷり浸かる日々

買ってきたソフトは「ウィッチャー3」と「ウイニングイレブン2016」

もちろん中古です。

さっそくやってみるとps4の映像のきれいさに感動です。

ps2でとまっていたわたしは、この日を境にゲーム中心の生活に一変しました。空いた時間はすべてゲーム。

仕事から帰ってご飯を食べる時間も、おしくなりました。

仕事や家事でゲームする時間がない」というよりは「ゲームをすることしか時間がない」他の事がやれない状態になってしまいました。

ついに仕事にまで影響がでた

こんな状態ですから仕事場にいってもゲームのことが頭から離れなくなっていきました。

仕事中もゲームの音楽が頭に中で流れてきます。

ゲームにのめり込む前は、

仕事の準備をしっかりして会社に行っていました。

  • 朝は5時半におき7時に家を出る
  • 必要ならば事前に家でも仕事の準備をする
  • 次の日のスケジュールを考えておく
  • 出来る限り睡眠をとる

 

これらのことは当たり前でしたが、ゲーム中心の生活になるとだんだんおろそかになっていきました。

ゲーム中心の生活になると、はじめに睡眠時間を削っていきました。そうすると当然、朝がきつくなります。朝はギリギリまで寝て家を出ます。

仕事場に行ってもまだ頭は寝ています。

いつもなら家で事前に準備をしたり、スケジュールをねったりする時間も「なんとかなるだろ」と都合のいいように考えてゲームに集中しました。

そんなだから仕事の内容が頭に入っていません。

仕事をする段階で何をやるか、何をするか考えるので仕事のスピードがものすごく遅くなりました。

その結果、仕事の失敗が多くなってしまいました。ホントにしょうもないミスです。

仕事内容を把握していれば防げたミスでした。

自分を責めて自己嫌悪 (最悪です)

サヨナラ、PS4

仕事から帰って「30分だけ」するつもりが1時間になり2時間になり結局ずっとゲームをしていました。

このままではダメになってしまうと思った僕は、ps4を手放すしか解決法方がありませんでした。

ps4が家にあるかぎりゲームに手を出してしまいます。

決めたらもう迷いません。

だって自己嫌悪

本当につらいですから。

手放してみるとスッキリしました。

なぜか凄く開放感がありました。

ps4とソフトを売ったので3万円位は戻ってきました。

まあ1万5千円位は無駄にしてるんですけどね。

ps4を再び買ってしまった記事もあります。

PS4をとうして学んだこと

こんな僕ですが普段は空いた時間などは、読書していました。

自分を成長させていろんなことを学びたいと思っています。

しかしps4にはまったことで新たな自分にきづきました。

  • 以外とはまりやすい
  • 楽なほうに逃げる
  • 本を読むよりゲーム好き
  • ゲームにはまると思考回路が鈍くなる
  • ゲームしかしたくなくなる
  • 家にひきこもってしまう
  • ゲームははまるけど充実感がない

 

そもそも休日の暇なときだけやるつもりが、どっぷりはまってしまい、生活がおかしくなりました。

ゲームにはまったことで感じたことは、ゲームは意外とストレスが溜まるということです。

日々の生活がしっかりしていなければ、充実感は得られません。仕事でもミスはしたくないですからね。

これからは心が豊かになれるような生活を目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こうの次郎

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。