ミニマリストになるために本棚を整理して、気付いた大切なこと

ミニマリストを目指すなら、やっぱり所有物は少なくして生活をしたいですよね。

僕もミニマリストになるために、なるだけ所有する物を少なくして、それでいて生活するのに困らないくらいの物は所有して生活できるように奮闘しています。

物を持たない生活をしていると、そんなに買いたい欲もなくなって来るのですが、ついつい買ってしまうものが本なんです。

本は自己投資になるからと思うから、つい買ってしまいます。そのせいで本はどんどん溜まっていって、ホコリも溜まってしまいました。

そこで一度本を整理してみることにしました。

整理と言っても読まない本を選定して、もう絶対読まないとおもう本はブックオフに持っていくだけなんです。

せっかく買ったのに手放すのが勿体無くて家に置いている本を、心を鬼にしてこの選定を行いました。

本の選定の基準

まずは読んだ本と、まだ読んでない本に分けて行きます。僕は本を積読してしまいがちなんですが、その読んで無い本も、ブックオフに行くかどうかを決めて行きます。

読んで無い本を手放すのは、なんだかもったいなく感じますが、読まない本を持っていても、意味がありません。

一度読んだ本でも、また読むかもしれないと思い、取っておく本はたくさん有りましたが、僕の場合は、一度読んだ本は、ほとんど読む事はありませんでした。なので読んだ事のある本は、迷わずブックオフ行きにしました。どうしても読みたかったらまた買うという決意のもと実行に移しました。

そして一度も読んでいない積読の本は、もう読まないと思えるものだけ、ブックオフ行きにしました。

積読の残った本は、次の選定までに読んでいなかったら、ブックオフに行かせます。

書いていると、簡単に選別できている様ですが、本を手にとりペラペラめくりながらの選定なかなか捗りません。

ブックオフ行きに決断する時は、どうしても読みたい本は、また買えばいいと自分に言い聞かせていました。

本を買うなら電子ブック

一通り整理がついたのですが、正直なところせっかく買った本を捨てるのは勿体無いです。しかも読んでいない本があるのですから、いくらミニマリストになるためと言っても、やはり後ろめたい気持ちがあります。

そこで今度から本を買うなら、電子書籍で買うことにしました。

これだったら、もう本を捨てる必要がありません。

かさばらないし、埃がたまる事もありません。場所も取らないから邪魔にもなりません。

そして本の整理をする必要もなくなるというメリットがあります。

あとは気分の問題なのですが、やっぱり紙の本に慣れていると、電子書籍に抵抗を感じます。電子書籍で頭に内容が入ってくるのだろうかという、不安がありました。しかし考えてみると僕の場合、紙の本でも頭に入らないので大丈夫です。

実際、電子書籍で読んでみても、僕の場合はそんなに読みにくい感覚もなく、どこでも端末一つあれば読めるのでよかったかも知れません。

ミニマリストとしてあえて捨てな本もあり!

本をブックオフに売ることにしたのですが、あえて売らない本もありました。

自分の思想となるような数冊の本は、座右の書として大事に取っておきます。

ミニマリストは捨てるだけではないですからね。

自分の大切な物に気付くために、所有物を減らしました。

今回、かなりの数の本を売りに出しましたが、自分の大事にしている本を見つけることができました。

なので今回の本棚の整理は成功でした。

ミニマリストとして物との付き合い方を考えて行きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。