情けない気持ちにならないために、ウソや言いわけをしないようにと思う今日この頃です

悔しい思いをするのは、自分にウソをついて人に頭を下げるから。

こんな時はとても情けなくなる。

悔しい思いをするのは、よく思われようとして軽いウソや言いわけをして自分をよく見せようとしたとき。

こんなん時は後から自分がしたことを後悔して情けなくなる。

これは自分の気持ちにウソをついてるから。

自分をありのままで表現する勇気があればこんなんことではモヤモヤしないだろう。

ホントのところこんなことしても意味がない。

それで、その人のご機嫌をとっても無駄だし、そんな自分は好きにはなれないだろう。

自分だけでも自分を好きな方がいい。

ただこういうと人づきあいが出来ないのかと思われそうだが、そうじゃない。

まあ得意ではないけど。

僕が言ってるのは、自分のことしか考えていない相手のことだ。

自分の都合だけで人の都合を考えない人のことを言っている。

そんなときその人の都合に合わせる気は最初からないけど、その人の都合通りに行かないために、言いわけをしてしまった時には

後から後悔する。

言いわけするくらいなら、最初からこちらの事情を説明しておけばいい。

説明してもわかってもらえないという人もいると思うけど。

でもそれはそれでいい。

こちらの事情をちゃんと伝えたことが大事だと思うから。

はじめからいい訳やウソをついてごまかしていると、ものすごい敗北感を味わってしまうからね。

逃げ隠れして負けるより、正々堂々として負けた方が自分自身で納得できる。

だからなるべくこうしたいと思ってるから、周りから不器用だとか上手にやらないと損するって

言われることもあるけどね。

まあもっと口がうまく回ればなって思うこともある。

でも自分は自分だから。

後から後悔や悔しいと思いたくないからなるべく自分にウソを付かないように

したいと思うのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こうの次郎

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。