水槽の掃除をしたら、魚が恐がって出て来なくなったよ

熱帯魚を飼っているんですけど、この前水槽の掃除をしたら、魚がビックリしたらしくて、ずっと水草の陰に隠れて出て来なくなりました。

僕はただ水槽が汚れていたから、ガラス面をスポンジでこすってきれいにしただけなのに。

それと水草が伸びまくっていたから、トリミングをしただけです。

以前は僕の姿を見ると、餌をもらえると思ってよってきてたのですが、今は僕の姿を見ると、音をたてて隠れてしまいます。

これじゃまるで僕は悪者じゃないですか。

いい加減忘れろよ。

でも考えて見るとこいつら頭いいですよね。

ずっと覚えていますからね。

ほんと何も考えてなさそうなのにね。

そういえば僕が水槽の掃除をしていた時に、

水槽の中から魚たちが見てましたよ。

僕の顔を見ていました。

水槽に手を入れてゴシゴシしてたわりには、逃げないなとは思っていたのですが、僕の顔をチェックしてたわけだ。

なるほど、だから今は僕の姿を見た瞬間に隠れるわけですね。

そのかわり、今のこの状況でのびのびしている生物もいます。

それはヤマトヌマエビ君です。

魚が隅っこに隠れて出て来ないから、ヤマトヌマエビ君は水草をツマツマして楽しんでますね。

まあいいでしょう。

そのうち忘れて出てきますよ、餌くれってね。

で忘れた頃にまた水槽の掃除をして魚たちが隠れるっていう。

この繰り返しでしょうね。

でもなんなんでしょうね。

小さい魚の方が、何事も無かったかのようにしていますが、体が大きい魚の方がビビって逃げ回ってますよ。

やっぱりそれだけ、体が大きい分脳みそも大きくて考える能力があるのかもしれませんね。

せっかくきれいにした水槽なのに、魚たちが隠れてスカスカです。

僕からしたらきれいな水槽の方が、気持ちいいですけどね。

せっかく飼っているんだから、魚もこれが水槽の掃除なんだといい加減わかってほしいもんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こうの次郎

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。