自分の弱さを見つめて認める事で強くなるきっかけをつかめる

この話は僕の知り合いの事なんですけど、仕事場で仲良くしていた先輩がいました。

その会社に入社してからずっと可愛がってもらってたらしくて、その先輩を慕っていたみたいなんです。

それが突然(本人曰く)、口を聞いてくれなくなったというのです。

本人からしたら今まで可愛がってくれた先輩に何かしてしまったのか、嫌われたのか、嫌われたとしたらなんでなのか

全く見当がつかないわけです。

しかも仕事はその先輩と二人でしなければならないので、仕事中はずっと一緒です。

そうなると仕事も楽しくない、辛いといってその事が原因で会社を休んでしまいました。

休んでる間は、ずっと仕事を辞めたいなんて考えていたそうで、

本当に元気をなくしていました。

この話を聞いたとき、僕は無視されるくらいいんじゃないか、

ガミガミ言われるよりはいいだろうと思っていました。

でもよく考えてみると確かに無視は辛いですね。

僕も「おはようございます」

と言って完璧に無視された事があるので

カチンときた事があります。

頭にきたからといって、相手をどうこうしようと思っても相手は変わりません。

相手を変えようと思うのは諦めなければいけませんね。

じゃあどうするかというと、自分が変わるしかないのです。

自分が変わるためには、自分を知らなければならない

相手は変わらないのですから、自分が変わらなければならないわけです。

となると

まずは自分を知らなければ変わりようがありません。

自分を知るという事は

自分の弱さを見つめなければならない事でもあります。

例えば無視された時に、仕事に行くのが嫌になったとしたら、

自分が人に優しくしてもらいたい人間なんだと気付く事ができます。

先輩に可愛がってもらいたいんですね。

だから無視されて落ち込んでしまうんじゃないでしょうか。

そんな時は、俺ってこんなにかまってちゃんだったんだと自分で笑ってしまえばいいんです。

話しかけてほしい、前みたいに仲良くしてほしいなんて気持ち捨ててしまいましょう。

嫌われてもいいと開き直る事

誰でも好んで嫌われる人はいないと思います。

でも合わない人に無理をして合わせようとする必要はありません。

自分が相手に嫌な事をしてないのに自分の事を嫌う人を、相手にしなくていいんです。

無視するんならこっちも無視して、仕事の事以外話さなければいいのです。

嫌われたくはないけど、嫌われた時は嫌われた時と思えたら強くなれます。

嫌われたらどうしようなんて考えない。

メンタルを強くする

そしてどうしたら自分の心を強くできるかを考えるのです。

メンタルを強くする本を読んだりして勉強するのもいいです。

今の弱い自分を認めて、強くなる努力をする事で、前よりも確実に強くなれます。

人間関係ってどこに行ってもついて回るので逃げてばかりではいけません。

合わない人と関わる必要はありませんが、自分を嫌う人を気にしないようになるための強さを身につければいいのです。

自分のメンタルを強くして、問題を乗り越えれたら、前よりも少しでも強くなれます。

問題が起きた時は辛いですが、成長できるチャンスでもありますから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こうの次郎

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。