ミニマリストになりたくて取り敢えずしてみた3つの事

最近はコロナの影響で、めっきり仕事が減って、収入まで減ってしまいました。とても厳しい状況ですけど、自分だけが厳しい状況ではないので、今できることをやって行けたらなんて思っているこの頃ですが、最近ミニマリストなる人がいるということに僕は気づきました。勿論、ずいぶん前からそういう方はいらっしゃるし、そういう考え方はあったと思うのですが、とにかくですね、僕は最近気づいてのであります。

そこでミニマリストとはどんな事をしたら良いのかというと、

  • 捨てる
  • 無駄な買い物をしない、
  • 自分の大切な物はちゃんと取っておく

大まかにいうとこれだけで、ミニマリストをスタートさせる事が出来ます。

ミニマリスト其の一 捨てるという事

服を捨てる

そこで僕ができる事から始めなければ意味がないので、まずは物を減らすという事から、始めても見ることにしました。

着ていない服を、まずは捨ててみたのですが、僕はそこまでファッションに興味がないので楽勝です。もともと好きな服を着まわしてばかりいたので、僕はミニマリストに向いているのではと、思ったりしながら作業は進みました。しかしファッションに興味がない僕でも、服はいっぱいありました。いつか着るだろうと思い、捨てる必要性を感じなかったので、溜まっていたのですね。

本を捨てる

次の溜まっていると思ったのは、本です。

読んだ本も読んでない本も、たくさん溜まっていました。なぜ本って読まないのに買ってしまうんでしょうね。不思議です。読んだ本も、また読むかもしれないからと、取っておいていました。

今回はビジネス書などは、もしかしたら読み直す可能性があるので、取っておくことにしました。小説など一度読んでしまった本は、ブックオフに売ることにしました。

この作業をしただけども、かなりスッキリしてミニマリストになった気分です。

ミニマリスト其の二 月初めに買わないようにした

僕は月が変わると、クレジットカードで欲しいものをどんどん買っては、お金を散財していました。

そして月の後半になると、また欲しい物が出てきて、買ってしまうという僕の中で悪い習慣が出来上がっていました。そして現金で買わないでクレジットカードで買い物をしているん、お金の実感がなく、買い物のセーブするという気は全くといってありませでした。

そのため毎月のお金の余裕がなく、貯金はありません。自慢することではありませんが。。。

そこで僕がしたことは、月初めには買い物を我慢して、本当に欲しいものがあれば、カードの支払いの金額を吟味して、余裕があれば買い物をするという作戦に出ました。

これが功を奏し、欲しい気持ちを少し寝かせると、物欲は自然と収まることに気がつきました。

今の所これで、1万から2万はお金を使わずに済むようになって、さらに物欲も減少したので一石二鳥です。

ミニマリスト其の三 自分の大切なものは取っておく

何でも捨てたり、そして絶対に物は買わないと決め付けてしまうと、何かと窮屈になってしまうので、自分が何にが必要なのか明確にする必要がありました。これが分からないから物が増えてしまうのですが、物を捨てたりして手放したり、買い物を衝動買いしないようなシステムを自分で作ると、物欲が減ったので、今残っている物が大切な物であり、必要な物だとわかりました。

三つのことをしてみて感じたこと

以上が僕がミニマリストになりたくて実行した事ですが、一番感じたのは、物が少なくなってスッキリした事です。

そしてこの状態を保ちたくて、物欲も減りました。物を欲しい気持ちを我慢する必要がありません。

物を買ってしまうと、置き場所から掃除の手間の事を考えると、物を増す気になりませんからね。

ただ状況に応じて、とっておく物は変わると思います。

自分にとって大切な物に、お金を使うのも選択の一つだと思います。

僕にとって、これがミニマリストへの一歩になりました。

これからもミニマリストを学んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、管理人の[こうの次郎]です。 1983年生まれの福岡県在住です。 高校のとき、難病と認定をされたのですが、 僕自身がそれを認めませんでした。 薬を飲まずにいたら、病院の先生に怒られてへこみまくったのですが、 さらにガン無視しました。 なので今僕は普通に、健康的に生きています。 最近はゆっくり体を鍛えていこうと思っています。 何もない僕が日々の出来事や感じたことを、書いていきたいと思います。 ブログを通して、自分がどんな感じになるかを 僕自身が楽しみに運営していきます。